脇の黒ずみの予防方法の全て!皮膚科医もオススメするケアとは

脇の黒ずみ 予防 

 

脇の黒ずみは今黒ずみが有るかどうかを問わず、予防をすることが欠かせません。

 

脇は箇所としても黒ずみが出来やすいからです。
いつ出来てもおかしくありませんし、一度綺麗にしても再発する可能性があります。

 

黒ずみを減らす、薄くしていくにも予防は不可欠です。
予防できなければ、新しい黒ずみが出来てしまい一向に薄くならないからです。

 

この記事では、正しい脇の黒ずみの予防方法についてご紹介します。
皮膚科医もオススメしている方法なので、是非参考にして貰えればと思います。

黒ずみ予防の為には、原因を知ることが重要

 

 

脇の黒ずみを予防するためには、原因を知ることが重要です。

 

どうして出来るのかを知ることで、何をするべきかが分かるからです。
治すこともそうですし、防ぐために何をするべきかも分かるということです。
既に原因の事をご存知であれば『脇の黒ずみを防ぐために必要なこと』へお進み下さい。

 

脇の黒ずみの原因は2つ!

 

脇に黒ずみが出来る原因ですが、細かく見ると幾つかあります。
それらを集約していくと、2つに大別する事が出来ます。

 

  1. メラニン色素の沈着
  2. 皮脂や角質の毛穴詰まり

このいずれかに該当します。
脇の場合は割合だと前者の方が多いそうです。

 

メラニン色素の沈着

 

お肌は刺激を受けたり、炎症を起こすと守る為の働きを行ないます。
その一つが、メラノサイトという細胞によるメラニン色素の生成です。

 

日焼けは黒くなりますよね。
あれは紫外線を浴びた肌を守るためにメラニン色素が生成されるからです。
ある程度の量なら、肌の代謝活動(以下ターンオーバー)で体外へ破棄されます。
が、生成量が多いと破棄しきれないので肌に留まり沈着、黒ずみとなるのです。

 

脇は皮膚が薄いですし、刺激に弱いのでメラニン色素が生成されやすいです。
脇のムダ毛処理に加えて、衣類などの摩擦も常時受けているので黒ずみが発生しやすいのです。

 

皮脂や角質の毛穴詰まり

 

黒ずみが全て色素沈着と思われているようですが、違います。
皮脂や角質などの汚れが毛穴に詰まることも、黒ずみの一因です。

 

脇は汗腺が多い箇所です。
そのため、乾燥などによって皮脂が過剰分泌されると毛穴に詰まりやすいのです。
蒸れやすい箇所ですし、これらが酸化することで黒く変色します。
それによって脇が黒ずんで見えることもあります。

 

毛穴詰まりの場合、制汗剤の使用なども原因となります。
脇の黒ずみの原因の詳細については、下記で詳しく解説しています。
参考記事:脇の黒ずみの原因の詳細と、自宅での正しいお手入れ方法とは

 

脇の黒ずみを防ぐために必要なこと

 

 

脇の黒ずみを防ぐ、予防の為には何が必要なのでしょうか。
簡単に言えば、原因に該当しないように気をつける事が必要です。
つまり、、、

 

  1. メラニン色素の沈着を防ぐ
  2. 皮脂や角質の毛穴詰まりを防ぐ

ということが、黒ずみの予防で必要なことです。
今黒ずみがあるならば、2つを改善していく、減らしていくことも必要です。

 

ではどういうことをすれば、上記2つのことを満たせるのでしょうか。

 

幾つかありますが、特に重要なのはスキンケアです。
脇に対して直接働きかけられるからです。

 

スキンケアが最重要ですが、他にも見直す点はあります。
脇毛処理などがそうなのですが、詳細は下記で解説しています。
参考記事:脇の黒ずみのセルフケアはこれで完璧!自力で黒ずみを治す方法

 

黒ずみを防ぐ為のスキンケアを行なう

 

スキンケアの基本ですが、目的に合ったケアをする事が重要です。
黒ずみの場合も、黒ずみを防ぐことが出来るスキンケアをやる必要があります。
具体的に言えば保湿を中心に、3つのケアが大事です。

 

  1. 保湿
  2. 美白
  3. 消炎

がその3つです。
これらは黒ずみの予防、そして改善でも必要です。

 

保湿は乾燥や刺激から肌を保護し、ターンオーバーの働きをサポートします。
乾燥は毛穴詰まりの一因ですし、刺激はメラニン生成の一因です。

 

美白ですが、美白成分にはメラニンの生成を抑える働きがあります。
色素沈着は、メラニン生成が理由ですので美白ケアは重要です。

 

消炎は、炎症はメラニン生成や毛穴を塞ぐ一因となるからです。
消炎作用、炎症を抑えることでメラニンの生成を抑え、毛穴詰まりの予防にも寄与します。

 

どれも大事ですが、美白に関しては有効成分を使っていることが望ましいです。

 

有効成分は国が審査して、一定の効能を認めた成分を言います。
美白の有効成分だとメラニンの生成を抑える働きがあるので、ケアに最適です。

自宅で出来る最適な黒ずみ予防の方法とは

 

 

保湿などは別々にやることは、問題ありません。

 

ただ黒ずみはターンオーバーで減っていくので、数ヶ月掛かります。
毎日別々でやるのは大変なので、自宅でケアするなら黒ずみ専用のクリームを使う方が良いと思います。
1度に3つのケアが完了するので、効率も良いですし楽です。

 

市販品もありますし、通信販売でも幾つかの商品が販売されています。

 

市販品を使うなら、脇専用タイプを選ぶ

 

ドラッグストアに行けば、黒ずみ用クリームが市販されています。
黒ずみ用なら問題ないと思いますが、美白成分が有効成分が見ておくと良いです。

 

市販品の場合だと、出来れば脇専用を選ぶ方が良いです。
値段が手頃な市販製品は、安価な成分を使っています。
そのため全身用ですと、デリケートな脇には合わない可能性があるのです。

 

馬油やバイオイルもそうですが、黒ずみ用以外の市販品を使うのも微妙です。
黒ずみ用じゃないので成分が欠けていたりと、適していないです。
物によっては悪化させる可能性もあります。

 

市販品は値段も手頃なので、脇専用の黒ずみクリームを選ぶべきです。

 

早く黒ずみを減らしたいなら絶対に通販品が良い

 

もし早く黒ずみを減らしたいなら、通販品を選ぶ方が良いです。
理由は黒ずみに対して有用な成分が豊富(後述)なので、市販品よりも早く結果が出やすいからです。

 

市販品が駄目と言う訳ではありません。
黒ずみを防ぐために必要な成分が含まれているので、予防は出来ます。
ただ値段からも分かるとおり、必要最低限のことしか出来ません。

 

通販品は市販ほどコストも掛からず、直接販売できます。
価格の縛りも市販品ほどないので、有用な成分を豊富に配合できるのです。

 

実際、黒ずみクリームでも市販品と通販品ではかなりの違いがあります。

 

黒ずみに最適な通販クリームはどれか

 

 

通販品の黒ずみクリームなら、アットベリーが最適です。
脇の黒ずみ用に作られたクリームですし、アットコスメでも最上位の評価を獲得しています。

 

このアットベリーですが、市販品と比べて優れた点が幾つもあります。

 

黒ずみに適した成分が豊富

 

黒ずみ用ですから、保湿などの3種類の成分は全て配合されています。
市販品と違うのは、使用されている成分の種類や量です。

 

保湿成分が6種類、美白と植物成分(消炎作用含む)が5種類ずつ配合されています。
特に大事な美白成分ですが、2種類が有効成分なので申し分ありません。

 

これだけの差が有るので、同じケアをしていてもアットベリーの方が早く結果が出やすいです。

 

簡単に使えて脇全般のケアが同時に出来る

 

黒ずみは時間が掛かるので、使い方も大事です。
面倒だと毎日続けるのが大変だからです。

 

アットベリーは、1日2回脇に塗るだけなので簡単です。
オールインワンタイプですので、1度で3つのケアが全て完了します。
ベタベタしないので、不快感はありません。

 

消臭作用の桑エキスが使われており、臭い対策も出来ます。
肝心な黒ずみだけでなく、脇全般のケアが同時に出来るので便利ですよ。

 

皮膚科医がオススメしていて、保証付き

 

 

黒ずみに必要な要素を満たせているので、皮膚科医もオススメしています。
医師が監修しているサイト内で、アットベリーが紹介されているのです。
脇脱毛で人気のミュゼでも、採用されているクリームです。

 

もちろん、評判や実績がある商品が必ずしも合うとは限りません。
ただアットベリーの場合は、返金保証付きです。

 

肌に合わない場合だけじゃなく、使って満足できない場合も対象内です。
これなら、安心して使えますよね。

 

 

私も、脇の黒ずみにアットベリーを使って綺麗に出来ました。
夏が近いので使っていますが、予防も出来ています。

 

180日間と長期保証ですし、脇の黒ずみを予防したい方にはおすすめです。

 

アットベリーの公式通販はこちら!

 

最後に

脇の黒ずみを予防するには、黒ずみに合ったスキンケアが重要です。
保湿と美白、そして消炎の3つのケアが必要です。

 

黒ずみ用クリームなら、1度に3つのケアが同時に出来るので便利です。
市販品もありますが、本気で予防するなら通販品の方が良いです。

 

黒ずみに対して有用な成分が圧倒的に多いので、通販品の方が優れています。
また同時に臭いケアなども出来るので、綺麗な脇作りが出来ます。

 

皮膚科医もオススメするアットベリーは、脱毛サロンでも採用されている黒ずみ用クリームです。
180日間の長期保証付きなので、黒ずみ予防をしたい方におすすめします。

 

アットベリーの公式通販はこちら!