脇の黒ずみに対して即効性が最もある方法と、実践してみた体験談

脇の黒ずみ 即効性 

 

脇の黒ずみは迷惑ですから、早く薄くしたいという女性は多いと思います。
薄着の季節になれば脇が見えやすくなるので、尚更ですよね。

 

では、脇の黒ずみに対して即効性が最も有る方法は何があるのでしょうか。

 

過去に脇の黒ずみに悩んで色々挑戦した私が、その経験も含めて脇の黒ずみに対して即効性が有る方法や体験談をご紹介していきます。

脇の黒ずみの原因を知ることで、答えが出る

 

 

即効性が有る方法に関しては、脇の黒ずみの原因を知ることで答えが出ます。

 

原因を知ることで、何をすれば良いのかが分かります。
ということはその中で、最も即効性がある物も判断できるようになるのです。

 

黒ずみが出来たということは、今後も出来る可能性があります。
予防も必要になるので、その意味でも原因を知ることは大切です。
既に知っている場合、次の『脇の黒ずみに即効性が有る方法とはなにか』へ進んでください。

 

黒ずみが出来る原因は2種類ある

 

黒ずみが出来る原因は、主に2種類に分かれます。

 

  1. メラニン色素の沈着
  2. 皮脂や角質の毛穴詰まり

というのがそれです。
脇の場合は、前者の方が多いとされています。

 

メラニン色素の沈着について

 

肌は刺激を受けたり、炎症を起こすと守る為の働きをします。
その一つが、メラニン色素の生成です。

 

日焼けが良い例で、紫外線を浴びた肌を守るためにメラニン色素が生成されます。
一定の量であれば、肌の新陳代謝(ターンオーバー)で排出されるので問題ないです。
ただこの生成量が多いと排出しきれず肌に留まり、黒ずみとなるのです。

 

脇は皮膚が薄いので刺激に敏感なので、メラニンの生成がされやすいです。
脇のムダ毛処理もそうですが、衣類の摩擦などが常時あります。
なので体の中でも、黒ずみが出来やすい箇所なのです。

 

皮脂や角質の毛穴詰まりについて

 

黒ずみ=色素沈着が有名ですが、毛穴詰まりも黒ずみの一因です。

 

脇は汗腺が多い箇所です。
乾燥などで皮脂が過剰分泌されると、毛穴詰まりが起こるようになります。
それらが酸化することで黒くなりますので、それが黒ずみに見えるのです。

 

この他、制汗剤の使用なども毛穴詰まりを起こします。
これら脇の黒ずみの原因の詳細は解説しています。
脇の黒ずみの原因の参考記事:脇の黒ずみの原因の詳細と、自宅での正しいお手入れ方法とは

 

脇の黒ずみに即効性が有る方法とはなにか

 

 

では脇の黒ずみに対して即効性が有る方法は何があるのでしょうか。
そもそも、即効で黒ずみを取ることはできるのでしょうか。

 

文字通りすぐに結果を求めるなら、脇の黒ずみは即効で解消することは不可能です。
すぐに、数日で解消できる方法は無いです。

 

ただ、黒ずみを治す方法の中では早く結果が出る方法はあります。
出来る限り早く治したい方がコレを読まれているはずなので、それを紹介しておきます。

 

黒ずみを一番早く治せる方法は皮膚科での治療

 

脇の黒ずみに対して即効性が最もある方法と、実践してみた体験談 

黒ずみを一番早く治せる方法は、皮膚科で治療を受けることです。
それも普通の皮膚科ではなく、美容皮膚科での治療を選択するほうが良いです。

 

黒ずみの種類に応じて、2つの治療が行なわれます。
具体的には色素沈着にはレーザー、毛穴詰まりにはケミカルピーリングです。

 

レーザー照射の場合、黒ずみの原因であるメラニンを直接破壊することができます。
そのため、一番効果が期待出来る方法です。
ケミカルピーリングに関しても薬剤の質が違うので、通常のピーリングよりも高い効果があります。

 

皮膚科の治療内容に関しては、下記で詳しくご紹介しています。
皮膚科の黒ずみ治療の参考記事:皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由

 

皮膚科での治療の欠点について

 

脇の黒ずみに対して即効性が最もある方法と、実践してみた体験談 

皮膚科の治療は最も有効です。

 

一番早く結果が出る方法ですが、それが故の欠点もあります。
ですから、誰もが選べる選択肢では無いのです。
具体的にどのような欠点、デメリットがあるのか紹介しておきます。

 

皮膚科での治療は1回で終わらない

 

まず最初が回数です。

 

皮膚科の治療は一番早いですが、1回で終わることは無いです。
レーザー照射でも、何度かは通うことになります。

 

また、治療後の肌はダメージを受けやすい状態です。
説明が事前に有ると思いますが、治療後は日焼け対策などが必須となります。

 

治療費が高い

 

次に医療費の問題です。

 

黒ずみ治療は普通の皮膚科も保険適用外なので、自費診療です。
美容皮膚科は当然自費なので、皮膚科を選択することは高い治療費が掛かります。

 

普通の皮膚科の塗り薬も数千円、それに初診費なども掛かります。
数回は通うことになるので、軽く万は超える事になります。
美容皮膚科の治療費は、いうまでもないですよね。

 

完治後は予防が必要

 

黒ずみが完治した後は、予防も欠かせません。
黒ずみが一度出来たからには、再発する可能性もあるからです。

 

高い治療費を掛けて治したからには、予防もやらないと無駄です。
結局皮膚科に行っても、自宅でのケアは欠かせないということになります。

 

重症じゃないなら自宅でケアする方が良い場合もある

 

皮膚科治療の欠点も書きましたが、有効な方法であることは間違い有りません。
費用が掛かるのが問題ないなら、早く治したい場合は選ぶべきです。

 

ただ予算的に厳しいなら、自宅でケアする選択肢もありです。
重症じゃないのであれば、自宅で薄くすることが可能です。

自宅で出来るケアの中で最も即効性がある方法とは

 

 

黒ずみを早く治すなら皮膚科ですが、誰もが選べる選択肢では無いです。
もし選べないなら、自宅で出来る限り早く治す選択肢をとるべきです。
重症じゃないのなら、自宅で薄くすることは出来るからです。

 

幾つか大事な事がありますが、黒ずみへ直接働きかけるスキンケアが最重要です。
その際には、黒ずみに適したスキンケアをやることが必要です。

 

スキンケアは最重要ですが、他にも改めるべきことはあります。
それらについては下記の記事で解説しているので、参考にして下さい。
参考記事:脇の黒ずみのセルフケアはこれで完璧!自力で黒ずみを治す方法

 

黒ずみに必要なスキンケアとは

 

黒ずみに対しては、3つの成分が必要だとされています。

 

  1. 保湿成分
  2. 美白成分
  3. 抵炎症成分

の3種類です。

 

保湿は乾燥や刺激から肌を守り、沈着した黒ずみ排出を行なうターンオーバーを支えます。
美白はメラニンの生成を抑えるので、黒ずみの予防に必要です。
炎症はメラニン生成、毛穴詰まりの一因となりますので、消炎をすることも必要です。
要するに、黒ずみを予防しつつ今ある黒ずみを減らすのに3つの成分が必要なんですね。

 

中でも美白成分については、有効成分を使うことが良いです。

 

有効成分は国が審査を行って、一定の作用を認めた成分の事です。
国が認めたので安全ですし、作用が認められているのでケアに使うのに適しています。

 

別々にやることも可能ですが、毎日やることを考えると大変です。
脇だけではなく顔などのお手入れもあります。

 

1度に3つのケアが同時に出来ることからも、専用のケア商品を使う方が良いです。
市販品もありますし、通販でも幾つか販売されています。

 

市販品は脇専用を選ぶ方がよい

 

薬局に行けば、黒ずみ用クリームが販売されています。
美白成分が有効成分かを確かめてから、選べば良いと思います。

 

市販品の場合、出来ることなら脇専用の物を選んだ方が良いです。
市販品は手頃な価格ですが、安い成分で作られているとも言えます。
なので全身用だと、デリケートな脇に合わない可能性があるのです。

 

また、重曹など万能性がある市販品を黒ずみに使うのもNGです。
黒ずみにそもそも合わない上に、悪化させる可能性があります。

 

市販品は値段もそこまでしませんから、脇用の黒ずみクリームを選ぶ方が良いです。

 

出来る限り早く治したいなら通販品がおすすめ

 

もし出来る限り早く黒ずみを薄くしたい場合は、通販品を選ぶ方が良いです。

 

理由としては、市販品よりも有用な成分が豊富だからです。
なので同じ自宅ケアでも、早く結果が出やすいのです。

 

市販品が悪い訳では無いです。
ただ、値段からも明らかですが成分などは限られています。
なので、必要最低限のことしか出来ないという見方も出来ます。

 

通販品は販売コストは市販ほど掛かりません。
悩んでいる人に直接販売できますから、市販ほど価格の縛りも無いです。
なので、有用な成分を多く配合する事が出来るのです。

 

で、黒ずみの場合でも市販品と通販品ではかなりの差がある状態です。

 

黒ずみに使える通販品について

 

 

黒ずみに使える通販品なら、アットベリーがおすすめです。
脇の黒ずみ用に作られており、最適な商品の一つです。

 

通販品なので、市販の物とは違い優れた点が多々あります。

 

脇の黒ずみに対して有用な成分が豊富

 

脇用なので、当たり前ですが保湿などの3つの成分は全て含まれています。
市販のクリームと大きく違うのが、配合している成分の種類・量です。

 

保湿なら6種類、美白と植物成分(消炎作用含む)が5種類ずつ配合されています。
美白成分は5種類の内、2種類が有効成分です。

 

 

有用な成分が違うので、同じケアでも通販品の方が早く結果が出やすいです。

 

簡単な使用方法で、脇の全般のケアが出来る

 

黒ずみはターンオーバーを進めて減らすので、時間が掛かります。
そのため、使い方も大事なポイントとなります。

 

アットベリーは1日2回、朝と晩に黒ずみが気になる箇所に塗るだけです。
オールインワンタイプなので、1度で全てのケアが完了します。
ベタベタしませんから、朝塗っても不快感はありません。

 

消臭殺菌作用がある桑エキスなども含まれており、脇の臭いケアも出来ます。
肝心な脇の黒ずみはもちろんですが、脇全体のケアが出来るのも通販品だからこそです。

 

皮膚科医がおすすめで、返金保証付き

 

 

脇のケアに必要な要素を満たせており、皮膚科医もおすすめしています。
医師が監修するウェブサイトで、上記の様に紹介されているのです。
これ以外にも、脱毛サロンのミュゼでも採用されています。

 

もちろん、実績や評判が高い商品が必ず合うとは限りません。
ですが、アットベリーの場合は公式通販からの購入者には返金保証付きです。

 

肌に合わないだけじゃなく、使ってみて満足できない場合も対象です。
これなら安心して黒ずみに使ってみることが出来ますよね。

 

 

 

私も脇に黒ずみが出来た際に、アットベリーを使いました。
口コミサイトを見て市販品から変えたのですが、脇をきれいにすることができました。

 

保証があるので、脇の黒ずみを早く自宅で薄くしたい方にはオススメです。

 

アットベリーの公式通販はこちら!

 

最後に

迷惑な脇の黒ずみですが、文字通りの即効性が有る方法はありません。
ターンオーバーで徐々に減らすことになるので、時間がどうしても掛かります。

 

最も有効で一番早く治すなら、皮膚科での治療がベストです。
特に美容皮膚科でのレーザー照射などが、一番良いと言えます。

 

但し皮膚科の場合、自費診療となります。
1回で終わらないので、治療費が高くなってしまうのです。

 

もし皮膚科が無理ならば、自宅で専用のケア商品を使うのが良いです。
皮膚科より時間は掛かりますが、皮膚科以外では最も早い方法だと言えます。

 

市販品も悪くはありませんが、通販品を選ぶ方が早く結果が出やすいです。
有用な成分が豊富なので、同じケアをしていても通販品の方が早いのです。

 

アットベリーは皮膚科医もおすすめしており、脱毛サロンでも採用されています。
返金保証も付いていますから、黒ずみを早く自宅で薄くしたい方は使ってみる価値はあると思います。

 

アットベリーの公式通販はこちら!