皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由

脇の黒ずみ 皮膚科 

 

脇の黒ずみは皮膚科で治療が可能です。
病院で処方する薬ですから、効果も高いです。

 

皮膚科では黒ずみにどのような治療をするのか、ご存じない方も多いと思います。
皮膚科自体、細かく言えば種類が分かれるので症状に合わせて選ぶ必要もあります。

 

この記事では、皮膚科で行なう脇の黒ずみの治療内容などに関して紹介していきます。
皮膚科に行く前に参考にしてみて下さい。

脇の黒ずみの原因や種類について

 

皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由 

 

本題に関係するので、先に脇の黒ずみの原因を簡単に書いておきます。
このサイトでは原因を知る事の重要性を説いており、既に他の記事で読まれた方もいるかもしれません。
その場合は次の『皮膚科の種類と治療内容について』へお進み下さい。

 

脇の黒ずみの原因はざっくり大別すると、2種類に分かれます。

 

  1. メラニン色素が沈着したから
  2. 皮脂や角質が毛穴に詰まったから

という2つです。
脇に黒ずみが有る場合、このどちらかが原因です。

 

今回の場合は、脇の黒ずみの原因が2つあることと、それぞれを知っておけば十分です。

 

脇の黒ずみの原因の詳細に興味がある方は、下記をご覧下さい。
黒ずみの原因の参考記事:脇の黒ずみの原因の詳細と、自宅での正しいお手入れ方法とは

皮膚科の種類と治療内容について

皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由 

 

皮膚科ですが、実は皮膚科も2種類があります。
それは一般的な皮膚科と、美容皮膚科の2種類です。
主に症状、そして希望によって行くべき皮膚科が変わります。

 

重症な場合は美容皮膚科、それ以外は皮膚科で問題ないです。
とにかく早く治したい場合、重症じゃなくても美容皮膚科を選ぶことは可能です。
但し、それなりのデメリット(後述)もあります。

 

具体的にそれぞれでどのような治療をするのかを、詳しくご紹介します。

 

一般的な皮膚科での黒ずみ治療について

 

重症以外は、一般的な皮膚科で治療が可能です。

 

皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由 

 

具体的にやる治療内容ですが、一般的なのは塗り薬の処方です。
トレチノインとハイドロキノンという2種類の薬が処方される事が多いです。
2つを黒ずみに塗って、経過を見ていくことになります。

 

  • トレチノイン:沈着した黒ずみの排出を促す
  • ハイドロキノン:メラニンの生成を抑える

という違いが有ります。
要するに、予防をしながら沈着した黒ずみを減らしていくのです。

 

キレイな脇に使う方が良いので、入浴後に行う事が多いです。
2種類の使い方ですが、普段のスキンケアに加えて行ないます。
処方の際に説明が有ると思います。

 

  1. 化粧水
  2. トレチノイン
  3. ハイドロキノン
  4. 日焼け止め

という順番ですね。

 

この2種類ですが、病院でしか処方できない薬です。
濃度は状態で変わるそうですが、いずれにしても黒ずみへの高い効果があります。

 

強い薬なので、塗った後の肌はダメージにも弱くなっています。
なので、室内外問わず日焼け止めを最後に行なうのは必須です。

 

美容皮膚科での黒ずみ治療について

 

皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由 

 

濃紺な黒ずみなど、重症の場合は美容皮膚科を選択する方が良いです。

 

重度な黒ずみは塗り薬では弱いですし、時間も掛かるからです。
美容皮膚科だからこそ出来る施術の方が、重症な黒ずみには合っていると言えます。

 

保険適用外、自由診療の美容皮膚科では黒ずみに対して2つの治療があります。
黒ずみの原因に応じて、分けることが多いです。

 

  1. レーザー照射:色素沈着の黒ずみ
  2. ケミカルピーリング:毛穴詰まりの黒ずみ

の2つの治療があります。

 

レーザー照射について

 

皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由 

 

医療用のレーザーを、黒ずみに照射して治療をする方法です。

 

色素沈着の原因であるメラニンを、直接破壊できます。
通院し、何回かレーザー照射することで黒ずみを消すことが可能です。

 

肌への負担が少ないのもそうですが、重症な黒ずみでも治療が出来るのが特徴です。
黒ずみの治療方法のでは効果が最も高く、早く終わる方法だと言えます。

 

ケミカルピーリングについて

 

皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由 

 

状態に応じた特殊な薬剤を用いて、ピーリングを行ないます。

 

古い角質や毛穴詰まりを解消し、肌のターンオーバーを促します。
定期的に行なうことで、ターンオーバーを進めて脇の黒ずみを改善していきます。

 

家で行なうピーリングとの違いは、薬剤の持つ効果です。
高い効果が期待できますが、肌に負担が掛かるので自分でやるのは危険です。

 

皮膚科で治療することのデメリットや誤解

皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由 

 

一般的な皮膚科と美容皮膚科、どちらとも治療は有効です。
効果に関しても、皮膚科医状の物は他にないと思います。

 

ですが、効果が高い故のデメリットも存在します。
ですから、脇の黒ずみなら皮膚科がベストとは限らないのです。

 

皮膚科でも数回は通うことになる

 

まず効果が高い皮膚科でも、1回では終わりません。
美容皮膚科のレーザー照射ですら、1回で完了しません。
状態によりますが、数回は通うことになります。

 

塗り薬は強い薬なので、お肌との相性もあります。
それも含めて通院をして、黒ずみと肌の状態も見ていくことになります。

 

皮膚科なら早いという誤解をされている方も多いと思います。
即効性は一番ありますが、それでも時間が掛かるのです。

 

治療費が高い

 

次に、治療費が高いことです。

 

皮膚科の黒ずみ治療は、どれも保険適用外です。
塗り薬でも保険適用外なので、全てが自費です。
なので、1回の治療もそれなりに高いです。

 

それを治るまで通院するので、通う回数だけ掛かる事になります。
一番安いであろう塗り薬の処方でも、診察料金なども含めたら万は超えることになります。
レーザー照射の場合なら、1回で万は超えます。

 

早く治したいならレーザー照射が良いですが、お金が掛かるというデメリットがあります。

 

治療後のアフターケアが大変

 

効果が高い皮膚科の治療は、お肌へのダメージも相応の物があります。

 

ダメージを受けやすくなっており、日焼け対策は必須です。
保湿なども含めて、万全なケアを日頃から行なう事が求められます。

 

皮膚科の治療以外でも、気を配らないといけなくなるということです。
面倒な人には、かなり大変だと思います。

 

完治後には予防のためのスキンケアも必要

 

治療が完了しても、終わりではありません。
黒ずみは簡単に再発するので、予防が欠かせないからです。

 

治療が終われば、今度は予防のための黒ずみケアが必要になります。

 

重症な黒ずみのケースは、美容皮膚科の治療しか効果は期待出来ません。
ですがそれ以外の場合には、上記4つの理由からも皮膚科が最適だとは限らないのです。

重症以外は自宅でケアすることも出来る

 

 

 

重症以外の黒ずみなら、自宅でもお手入れは可能です。
黒ずみケアに必要なことを行なえば、きれいになっていきます(経験済)。

 

脇の黒ずみを減らすには、幾つか大事な事があります。
その中の一つが、スキンケアです。

 

黒ずみに対して直接アプローチ出来るので、スキンケアが最も重要です。

 

但し、他にも大事なことはあります。
スキンケア以外で大事なことについては『脇の黒ずみのセルフケアはこれで完璧!自力で黒ずみを治す方法』をご覧下さい。

 

黒ずみに合ったスキンケアをやることが大切

 

スキンケアは症状に合ったケアが必要です。
なので、黒ずみにも黒ずみに適したケアを行なうのが大切です。
具体的には、3つのケアが必要だとされています。
保湿と美白、更に炎症を抑える消炎の3つです。

 

  • 保湿:黒ずみの排出、毛穴詰まりを改善する
  • 美白、消炎:メラニンの生成を抑える、毛穴詰まりを防ぐ

という役割を担うので、黒ずみのケアに必要なのです。

 

特に美白成分は、有効成分を使う方が良いです。

 

有効成分とは国が審査し、一定の作用を認めた成分のことです。
今回だと美白に対して一定の効果が認められており、ケアに適しています。

 

皮膚科での脇の黒ずみの治療内容と、皮膚科が最適とは限らない理由 

 

3つのケアを別々にやるのもOKです。
ただ黒ずみは時間が掛かるので、専用の物を使う方が良いです。
1度に3つのケアが出来ますから楽ですし、効率も良いからです。

 

脇の黒ずみ用のクリームは、幾つか市販されています。
自宅でケアするなら、それらを使う方が良いと思います。

 

市販のクリームは脇専用を選ぶ

 

ドラッグストアに行けば、脇の黒ずみ用クリームが幾つか販売されています。
多分大丈夫ですが、美白成分が有効成分かどうかは見ておきましょう。

 

全身用もありますが、脇専用にした方が良いです。
市販は安価な成分で作られており、脇には合わないことがあるからです。

 

また、万能な市販品を黒ずみに活用するのもNGです。
黒ずみに適していないですし、悪化させるものもあるからです。

 

市販品は値段もそこまでしませんから、専用品を選ぶ方が絶対良いです。

 

自宅で早く黒ずみを薄くしたいなら通販品が良い

 

自宅で早く黒ずみを薄くしたい場合、通販品を選ぶことをおすすめします。

 

市販品を使う事を否定はしません。
ですが、通販品の方が有用な成分が多いので早く結果が得られやすいのです。

 

市販品は販売価格には、販売までに掛かったコストが含まれています。
商品本来の価格は、それ以下でかなり安いです。
ですから、それぞれのケアに対して必要最低限の構成になっていることが殆どなのです。

 

通販の商品は市販ほどのコストが掛かりません。
価格の縛りもないので、有用な成分を多く使えるのです。
そして実際に、黒ずみでも市販と通販のクリームには違いがかなりあるのです。

 

黒ずみに活躍する通販品なら

 

 

 

黒ずみに活躍する通販クリームなら、アットベリーがおすすめです。
アットコスメでも黒ずみ用の通販品では、最上位の評価を得ています。

 

黒ずみ用クリームなのですが、市販より優れた点が多いです。

 

黒ずみに有用な成分が豊富

 

当然ですが、黒ずみに必要な保湿などの3つの成分は全て含まれています。
市販との差があるのは、その有用な成分の種類や量です。

 

アットベリーでは保湿なら6種、美白と植物成分(消炎)が5種配合されています。
美白は2種類が有効成分です。

 

市販品だとここまでの種類は使われていません。
美白についても、1種類がザラです。

 

有用な成分が違うので、通販の方が早く結果が出やすいです。

 

臭いなど脇全体のケアが同時に出来る

 

黒ずみは時間が掛かるので、使い方も重要です。

 

アットベリーは1日2回塗るだけなので、非常に簡単です。
ベタベタしないので、塗った後の不快感もありません。

 

消臭殺菌作用の桑エキスが含まれており、脇の臭い予防も出来ます。
ずみだけじゃなく、脇全体のケアが同時に可能なので便利です。

 

皮膚科医おすすめで、保証付き

 

 

 

脇の黒ずみに必要な要素が満たされており、皮膚科医もおすすめしているクリームです。

 

医師が監修するウェブサイトで、アットベリーが紹介されています。
また、脱毛サロンで有名なミュゼでも採用されています。

 

ただ、実績や評判が良い物が合うとは限らないです。
どんな商品でも、個人差もありますからね。

 

ですが、アットベリーの場合は初回購入者に返金保証付きです。
使って満足できないなら、保証が使えるので安心ですよね。

 

 

 

私自身もアットベリーで、脇をキレイにすることができました。
口コミサイトの評判の高さが決め手でしたが、市販品から切り替えてよかったです。

 

脇の黒ずみを自宅でケアしたい方は、アットベリーを使ってみてください。

 

アットベリーの公式通販はこちら!

 

最後に

皮膚科では全ての脇の黒ずみに対応しており、高い効果を得られます。

 

ですが、皮膚科でも治療は1回では終わりません。
自費診療なので治療費も掛かりますし、念入りなアフターケアも必要です。

 

重症以外は、自宅でも黒ずみのお手入れが可能です。
スキンケアでは、保湿や美白、消炎という3つのケアが必要です。

 

専用品なら1度に3つのケアが出来るので、非常に楽です。
市販品もありますが、有用な成分が豊富な通販品の方が結果が出やすいです。

 

アットベリーは皮膚科医もおすすめしていて、サロンでも採用されています。
返金保証も付いていますので、使ってみる価値はあると思います。

 

アットベリーの詳細はトップページでもご紹介しています。
興味があれば、下記も参考にしてみてください。

 

薬用アットベリージェルは薬局で買える?【お得な購入方法】