脇の黒ずみをとる方法として、オロナインを使うのは有効?

脇の黒ずみをとる方法 オロナイン 

 

当サイトでも既に幾つもご紹介していますが、脇の黒ずみをとる方法は沢山あります。
その中には良い方法もあるのですが、実は思ったより意味が無い方法が多いです。

 

今回取り上げるのは、オロナインです。
万能アイテムなので、自宅にオロナインがある方も多いかもしれません。
もし黒ずみに良いのであれば、お手軽に黒ずみケアが出来ますよね。

 

この記事では、オロナインを使うことが脇の黒ずみをとる方法として有効なのかどうかを解説していきます。
実際にオロナインを使ってみようと思っている方は、参考にして下さい。

脇に黒ずみができる原因を理解する事が大切

 

 

黒ずみ解消にオロナインは使えるかどうかですが、先に脇に黒ずみが生じる原因を理解する事が大切です。

 

黒ずみ発生の原因を知ることで、何をすればよいのかが分かるからです。
原因が分かれば、オロナインが黒ずみに使えるかも判断できます。

 

それに原因を理解することは、今後の再発や予防にも役立ちます。
ですから、脇に黒ずみが出来る原因を知ることは大切なんです。

 

脇に黒ずみが出来てしまう原因は主に二つ

 

脇に黒ずみが生じる原因は色々とあります。
それらを大別していくと、二つに分類できます。

 

  1. メラニン色素の沈着によるもの
  2. 皮脂汚れや角質の蓄積によるもの

脇の黒ずみはこの二つのどちらかに分類されます。

 

特に多い例をご紹介しておくと、肌は炎症や刺激を感じると守る働きをします。
その一つがメラノサイトという細胞による、メラニン色素の生成です。
分かりやすいのが日焼けで、黒くなりますよね。
あれは、紫外線から肌を守るためにメラニン色素が生成されているのです。
生成量が多いと日焼けの様にそのまま肌に残り、黒ずみになります。

 

皮脂の毛穴詰まりは鼻などにも起こるので、イメージしやすいかと思います。
角質については、本来古い角質は剥がれるのですが、ターンオーバーなどが乱れると剥がれずに表皮(お肌の表面)に留まります。
これが溜まることで、脇が黒ずんで見えてしまうのです。

 

メラニン色素沈着や角質蓄積の引き金は色々!

 

黒ずみの主原因二つの一例を紹介しましたが、他にも原因は色々とあります。
ストレスとかも、色素沈着を引き起こしますからね。

 

今回はオロナインの有り無しなので、原因の詳細は割愛します。
主原因が二つあることを理解しておけば十分です。
もし原因の詳細に興味があるようでしたら、『脇の黒ずみの原因の詳細と、自宅での正しいお手入れ方法とは』をご覧下さい。

脇の黒ずみをとるためのポイントについて

 

 

脇の黒ずみをとるためのポイントですが、原因に該当しなければ良いわけです。
ということは...

 

  • メラニン色素が沈着しないようにする
  • 皮脂汚れの詰まりや角質の蓄積を防ぐ

ということが、黒ずみをとるためのポイントだということになります。

 

それでは、どんなことをしていけば上記のポイントを満たせるのでしょうか。
スキンケアが特に重要なのですが、それ以外にも心がけるべき事があります。
なので、順番にご紹介していきます。

 

生活習慣

 

お肌の代謝活動(ターンオーバー)は、沈着した黒ずみや古い角質の排出で重要です。
ターンオーバーの働きにより、これらが表皮に上がってきて垢と共に剥がれるからです。

 

このターンオーバーですが、生活習慣の影響を受けやすいです。
ということは、生活習慣が悪いとターンオーバーも悪い影響を受けるのです。
ターンオーバーが乱れれば、黒ずみや角質の排出が遅れてしまうのでよくありません。

 

偏った食事や、睡眠不足はターンオーバーに悪いです。
なので、生活習慣が悪い場合には見直す必要があります。

 

脇毛の処理方法

 

脇の黒ずみで一番多い原因が、脇毛の処理方法による色素沈着です。

 

女性なら脇のムダ毛処理を行ないますが、自己処理はお肌に負担を掛けます。
炎症、傷を付けやすいことから、メラニン色素が生成されやすいのです。
カミソリ、毛抜きで行なうのは埋没毛も作ることになるので、控える方が良いです。

 

できることなら、脇脱毛を選択したほうが賢明です。

 

脱毛は高い上に痛い印象があるかもしれませんが、サロン脱毛なら痛みは少ないです。
脇なら格安で行なえるサロンが多いので、負担もありませんのでおすすめです。

 

脇の洗い方

 

刺激に敏感な脇ですが、刺激を与えないために洗わないという選択肢はありません。

 

洗わないなら、色素沈着はしなくても皮脂汚れが詰まるからです。
また脇の臭いというのも発生する可能性があるので、洗うことは必須です。

 

優しく洗うなら、脇への負担はありません。
逆にタオルで力を入れて洗うと、黒ずみは落ちるどころか増えますので注意です。

 

そしてキレイになった脇には、入浴後にスキンケアを行う事が重要です。
ここを忘れると、洗っていても黒ずみが出来る可能性があります。

 

黒ずみに適したスキンケア

 

何事もそうですが、黒ずみにも黒ずみに合ったスキンケアが必要です。
黒ずみには三つの成分を使うことが必要だとされています。
それは...

 

  1. 保湿成分
  2. 美白成分
  3. 抵炎症成分

という三つの成分です。

 

中でも、美白成分に関しては有効成分であることが望ましいです。
有効成分というのは、厚生労働省が審査をして一定の効能を認めた成分を言います。
美白の有効成分ですと、メラニンの生成を抑えるプラセンタエキスや、ビタミンC誘導体などがあります。

オロナインを使えば、脇の黒ずみはとれるのか

 

 

黒ずみの原因、お手入れのポイントを抑えた所で本題に入ります。
それでは、脇の黒ずみはオロナインを使えばとれるのでしょうか。

 

結果から先に言うと、黒ずみはオロナインだけではとれないです。
黒ずみのことを考えると、使うこと自体も適していないです。

 

オロナインは殺菌剤だから

 

適していない理由は、オロナインは殺菌剤だからです。

 

黒ずみをとるのにオロナインが良いという理由の一つが、保湿力です。
先ほど紹介した様に、保湿は黒ずみのケアに必要な成分の一つです。

 

ですが、オロナインは主成分は殺菌剤でできています。

 

他に含んでいる成分にワセリンなどもありますが、少量です。
あくまでも消毒、殺菌を目的としたクリームです。

 

また美白成分は含まれていませんから、別に美白ケアも必要になります。
また、塗れば分かりますがベタベタするので、塗った後の違和感も強いです。

 

以上の理由から、オロナインは黒ずみをとるのには適していないと言えます。

オロナインよりも効果的な黒ずみをとる方法とは

 

 

オロナインを使う位なら、黒ずみ用の商品を使う方が遥かに良いです。
用途が黒ずみ用ですので必要な成分もそうですが、使い方も簡単だからです。
市販品や通販品で、黒ずみ用の商品が販売されています。

 

市販品を使う場合

 

薬局等で、脇の黒ずみ用のクリームが販売されています。
美白成分が有効成分である物を使えば、お手入れが出来ます。

 

脇はデリケートなので、脇だけに特化した物がおすすめです。
市販品の場合、全身にOKな商品は合わない場合もあるからです。

 

また、オロナイン同様に万能系の物を代用するのは控えましょう。
重曹、ニベアなども黒ずみに使えるとされていますが、微妙です。
黒ずみが悪化する可能性もありますので、専用を使うべきです。

 

黒ずみを早く薄くしたいなら通販クリーム

 

黒ずみ解消には時間が掛かります。
もし、出来る限り早く薄くしたいのであれば通販品の方が良いです。

 

市販品よりも通販のクリームの方が、黒ずみへの有用な成分が多いからです。
なので、同じ自宅でお手入れしていても、通販クリームの方が早く結果を得られます。

 

市販品は安いですが、商品本来の価格はもっと安いです。
中間マージン、人件費等が販売価格に含まれているからです。
なので、安価な成分で大量生産されています。

 

通販クリームは市販ほどコストが掛かっていません。
そのため、有用な成分を多く使うことが可能なのです。

 

黒ずみに使える通販クリームならアットベリー!

 

 

 

黒ずみに使える通販クリームなら、アットベリーが人気です。
口コミサイト、アットコスメでも特に高い評価を得ているクリームです。
市販品よりも優れた点が色々とあります。

 

黒ずみに良い成分が多い

 

当然ですが、黒ずみに必要な三つの成分が全て含まれています。
市販品との違いは、その成分の種類・量です。

 

保湿成分は6種、美白成分には5種使われています。
美白成分はそのうちの2種類が、有効成分です。
医薬部外品なので、ちゃんと美白成分は有効成分が配合されています。

 

市販品の場合、成分の種類は少ない事が多いです。
値段重視なので、必要最低限の構成になってしまうんですよね。

 

有用な成分が多いアットベリーの方が、早く良い結果を得られやすいのです。

 

簡単に使えて臭い対策も出来る

 

黒ずみは時間が掛かるので、使い方も結構重要です。
面倒だと続けるのが大変ですからね。

 

アットベリーは1日に2回、朝と晩に脇に塗るだけでOKです。
オールインワンなので、1個を塗るだけでケアが完了します。
オロナインと違いベタベタしないので、塗った後の不快感もありません。

 

植物成分に加えて、桑エキスなどの消臭殺菌成分も使われています。
なので黒ずみ対策は勿論ですが、脇の臭い対策など脇全般のお手入れが同時に出来るので便利です。

 

皮膚科医おすすめで返金保証付き

 

 

 

成分に使い方という脇のお手入れに必要な要素を満たせているので、皮膚科医もおすすめしています。
医師が監修しているサイトで、紹介された実績があります。
また、脱毛サロンで有名なミュゼでも採用されているクリームなんです。

 

お肌との相性に関してですが、アットベリーには返金保証が付いています。
使ってみて結果に納得できない場合でも、保証を受けられるので安心です。

 

私も市販からお手入れを始めて、アットベリーに切り替えました。
結果、脇の黒ずみがきれいになり、夏を楽しく過ごせました。

 

保証付きですので、脇の黒ずみに悩んでいるのでしたら是非アットベリーを使ってみてください。

 

アットベリーの公式通販はこちら!

 

最後に

脇の黒ずみは、正しい方法で行なえば自宅でもお手入れが出来ます。
その際には、美白と保湿、抵炎症成分が必要です。

 

オロナインは殺菌剤なので、黒ずみのスキンケアには適していません。
オロナインを使う位なら、黒ずみ専用のクリームでケアした方が断然良いです。

 

市販品も良いですが、早く結果を得たいなら通販品の方がおすすめです。
黒ずみに有用な成分が圧倒的に多いですし、脇全般のケアが出来るからです。
保証も付いていますので、安心して使えると思います。

 

実際に使ってみた体験談等も掲載しています。
もし興味があれば、そちらもご覧になってみてください。

 

薬用アットベリージェルは薬局で買える?【お得な購入方法】