市販のアイテムは、脇の黒ずみをとる方法として使えるのか?

脇の黒ずみをとる方法 市販 

 

脇の黒ずみをとる方法として、多くの方が考えるのが市販の商品だと思います。
薬局等で手軽に購入できますし、安価なので市販品で黒ずみのお手入れを考える方が多いのです。

 

実際私も脇の黒ずみに悩んだ際には、最初に市販品を考えました。
調べてみた結果として、ニベアからスタートしました。
最終的にニベアから黒ずみ専用の市販品へ、そして通販クリームに変更しましたが。

 

この記事ではその経験も含めて、市販のアイテムが脇の黒ずみをとる方法として使えるのかどうかを解説します。
是非参考にして貰えればと思います。

何よりもまず、脇の黒ずみの原因を知ること

市販品が黒ずみ対策に適している否かを判断するには、黒ずみの原因を把握していることが大事になります。

 

原因を知ることで何をするべきかが分かります。
となると、そこから市販品が最適なのかというのも導き出せるからです。
また原因を知らないと、新しい黒ずみに悩まされる可能性もありますからね。

 

脇の黒ずみの主原因とは

 

脇に黒ずみが出来てしまう原因ですが、、、

 

  1. 角質が蓄積したから
  2. メラニン色素が沈着したから

というのが、主原因だとされています。
特に後者の、メラニン色素の沈着が原因のケースが多いそうです。

 

簡単に説明しておくと、お肌は炎症などが起こると防衛反応を起こします。
その一つが、メラノサイトのメラニン色素の生成です。
日焼けすると黒くなりますが、あれがそうです。
紫外線を浴びて炎症を起こしたので、メラニン色素が生成されて紫外線から肌を守ろうとするのです。

 

一定の量ならば、お肌の新陳代謝の活動で排出されます。
ですが、生成量が多いとお肌の普通の仕事で対応しきれません。
排出しきれなかったので、それが沈着して黒ずみとなるのです。

 

角質の蓄積も原因の一つなので、メラニン色素だけじゃない事をお忘れなく!

原因から導きだせる黒ずみ対策のポイントとは

黒ずみの主原因は二つ有り、特にメラニン色素の沈着が多いということが分かりました。
であれば、黒ずみ対策で何をするべきなのかが見えてきますよね。

 

一言で言えば、余計にメラニン色素を生成させないことが大事なのです。

 

脇は刺激を常時受けやすい箇所ですから、刺激をゼロにすることは厳しいです。
一定の量はお肌の活動で排出出来るのですから、多く生成させないことがポイントです。

 

ではどうすれば、メラニン色素を余計に生成させずに済むのでしょうか。
出来る事を順番にご紹介して行きます。

 

  1. 生活の見直し
  2. 脇のムダ毛の処理
  3. 脇の洗い方
  4. 脇への正しいスキンケア

です。

 

生活の見直し

 

黒ずみと一見無関係に見えますが、生活習慣を見直すのも大事です。
というのも、お肌の代謝を正常に行なうには生活習慣が大事だからです。

 

不規則な生活や、偏った食事は代謝の異常を起こす可能性があります。
となると、黒ずみの排出や角質の蓄積などが起こるかもしれません。

 

もし黒ずみにお悩みでしたら、生活のテコ入れも行う事が良いです。

 

脇のムダ毛の処理

 

脇に黒ずみが出来る原因で最も多いのが、これです。

 

脇はデリケートな部分ですから、脇のムダ毛は自分で処理しない方が良いです。
出来る限り、サロンで脇脱毛を選択することが良いでしょう。

 

自分でムダ毛処理を行なうことは、脇へ刺激を与える可能性が高いからです。
実際多くの女性が黒ずみを作って悩んでいる事からも、自分でのムダ毛処理は避けるべきです。

 

脇脱毛について、高いとか痛そうという印象があるかもしれません。
ですが、今はサロン脱毛であれば安い料金で行う事が可能です。

 

脇の洗い方

 

刺激に弱いからと、洗わないと皮脂が詰まることやニオイの原因になりかねません。
ですから、ちゃんと毎日洗う方が良いと思います。

 

垢すりなどで強く洗わない限りは、大丈夫です。
優しく洗った後は、ちゃんと保湿などのスキンケア(後述)もやりましょう。

 

脇への正しいスキンケア

 

脇の黒ずみへのスキンケアは、超重要です。
中でも保湿と美白だけは欠かさずにやるべきです。

 

理由としては、苦ずみの予防と解消に繋がるからです。

 

保湿は乾燥対策や刺激から守ってくれます。
また美白成分はメラニンの生成を抑えるので、予防に良いです。
新たに黒ずみを作ることを防ぎなら、黒ずみの軽減を図る事が出来ます。

 

美白に関しては、美白の有効成分を配合した物を使うのが良いです。
国から一定の効能を認められているので、安心して使えるという点もあります。

 

これに加えて、抵炎症成分を含んだ商品でお手入れが出来れば万全だと思います。

市販品で脇の黒ずみをとることは可能なのか

では、市販の商品で脇の黒ずみをとることは可能なのでしょうか。
脇に黒ずみが出来る原因と、お手入れで大事なことを考えるとどうでしょうか。

 

結論から言えば、市販の商品でお手入れをすることは可能だと思います。
但し、ちゃんと適した方法で行なえばの話です。

 

保湿などを行なえる商品を使う

 

市販の商品を使う場合、脇の黒ずみへちゃんとお手入れが出来るものを選ぶ必要があります。

 

先述した保湿、美白、そして抵炎症成分を含んでいる物を使うことです。
既に手元に持っているコスメで行なうのも、良いと思います。
美白の成分については、それが有効成分なのかということだけは確認してください。

 

ただ、市販品で黒ずみに良いとされている物の中には適して無い物もあります。

 

ニベアと重曹は微妙なので注意

 

ニベアと重曹は、黒ずみのお手入れの際に使えるとされている商品です。
どちらも、市販で購入出来る物ですよね。
特にニベアについては、女性は持っている方が多いと思います。

 

ですが、いずれも黒ずみに適しているかと言われれば、正直微妙だと思います。

 

ニベアは保湿力のみで、美白成分などはありません。
なので、まず使う事自体が微妙だと思います。

 

重曹は、薬用のタイプを選べばお肌に、黒ずみに使うことは問題ありません。
掃除用などを選ぶと、刺激が強いので黒ずみが悪くなる可能性があります。

 

肌に使うこと自体問題ないですが、手間が掛かります。
その上、重曹は保湿や美白を行なえるわけではないです。
重曹を使っても皮脂汚れを落とす程度でしょうから、黒ずみには微妙です。

 

重曹を使った後は、保湿などを行なわないといけないことを考えれば手間ですよね。
黒ずみのケアは時間が必要という事も考えると、重曹も適してるとは言えないのです。

 

脇の黒ずみ用の市販品を選ぶか、通販クリームがおすすめ

 

市販品は、脇の黒ずみ用として販売されている物を選びましょう。
市販品で全身の黒ずみに使える物は、脇には刺激が強い場合があるからです。

 

大量生産、そして安価に販売していることからも、限られた成分を使っているからです。
物によっては、防腐剤なども使っていることもあります。
安いなりに、欠点も少なからずあるのです。
ただ、脇の黒ずみ用だけに使うことは問題ないですし適していると思います。

 

もししっかりと黒ずみ対策を始める、少しでも早く解消したいならば通販クリームを使う方が良いです。

 

市販の商品と違い、宣伝費等は掛かりません。
なので、黒ずみに有用な成分を市販品よりも多く含まれていることが多いからです。
市販品より値段は上がりますが、防腐剤などは不使用という利点もあります。

 

 

 

脇の黒ずみに使える通販クリームなら、アットベリーがおすすめです。

 

保湿、美白、抵炎症成分が全て含まれており、これ1つでお手入れが完了します。
美白の成分はプラセンタエキスなど、有効成分が配合されている医薬部外品です。
脇以外も使えますし、消臭成分もありますので脇のトータルケアが出来るのもポイントです。

 

 

 

皮膚科医などが監修、執筆しているサイトでも紹介された実績があります。
また、脱毛サロンのミュゼでも採用されているクリームです。

 

初回購入者には返金保証も付いていますので、黒ずみのケアをしっかりやりたいという方は是非アットベリーを使ってみてください。

 

【送料無料】返金保証付きのアットベリー公式サイトはこちら!

 

まとめ

黒ずみのお手入れは、とにかく保湿と美白を重視することが大事だと言われています。

 

市販の商品を選ぶ際には、この2点を満たしているかをチェックして使うのが良いです。
脇の黒ずみ用であれば、大体この2点は満たしている物が多いと思います。
安価なので、有用な成分は限られているとか、刺激を感じる可能性がある成分を使っている可能性もあります。

 

本格的にケアしたい、少しでも早く治したいならば、市販品よりも有用な成分が多く含まれている通販の商品、クリームがおすすめです。
アットベリーも有用な成分が多いですので、市販品よりも効率よくお手入れが可能だと思います。

 

このサイトでは、体験談等も掲載しています。
興味がありましたら、ご覧になってみてください。

 

薬用アットベリージェルは薬局で買える?【お得な購入方法】