脇の黒ずみをとる方法は皮膚科しかないって思っていませんか?

脇の黒ずみをとる方法 皮膚科 

 

女性にとっては迷惑な脇の黒ずみですが、とる方法は色々とあります。
このサイトでも自宅でお手入れする方法なども既にご紹介してきました。

 

一刻も早く黒ずみをとりたい女性の中には、皮膚科へ行くことも検討されていると思います。
病院ですから、やっぱり自分でやるよりも良い結果が早く得られそうですよね。

 

皮膚科での治療というのは、確かに有効です。
とは言え、黒ずみが出来たから皮膚科に行くことが絶対に良いとは限らないのです。
少なからずデメリットがあるので、黒ずみの状態次第では自宅でお手入れした方が良いこともあります。

 

私も皮膚科を考えましたら、状態を見て自宅でのお手入れを選択しました。
その経験も含めて、今回は皮膚科で行なう脇の黒ずみをとる方法と、皮膚科に行かずに自宅でお手入れをする方法をご紹介します。

皮膚科の種類と治療内容について

 

脇の黒ずみをとる方法は皮膚科しかないって思っていませんか? 

 

皮膚科と一括りにしていますが、黒ずみの場合は皮膚科も二種類あります。
一般的な皮膚科と、美容皮膚科です。

 

この二つの皮膚科の違いに関して言えば、治療内容に違いがあります。
一般的な皮膚科に対して、美容皮膚科の場合には治療の選択肢が多いです。
後ほど書きますが、重症な黒ずみにも美容皮膚科なら対応が出来ます。

 

重症じゃないなら一般的な皮膚科へ

 

重症な場合以外は、一般的な皮膚科で十分だとされています。
重症かの判断に関しても、まず普通の皮膚科に行くことで判断出来ると思います。

 

もちろん美容皮膚科を選ぶことも可能です。
但し、治療費が同じ薬でも高くなるのでそこは注意が必要です。

 

で、一般的な皮膚科で行なう黒ずみの治療は、塗り薬の処方が定番です。
二種類の塗り薬が処方されると思うので、それを塗って経過観察となります。
その二種類ですが役割もご紹介しておくと、、、

 

  • トレチノイン:色素沈着した黒ずみを排出させる
  • ハイドロキノン:メラニンの生成を防ぐ

というような違いがあります。

 

  1. 化粧水
  2. トレチノイン
  3. ハイドロキノン
  4. 日焼け止め

という順番でお手入れをしていく事になります。
日焼け止め必須(後述)であることに、注意してください。

 

この二種類ですが医療機関でしか処方できない薬です。
濃度も高めなので、黒ずみへの良い効果も期待出来るとされています。

 

重症な場合は美容皮膚科へ

 

脇の黒ずみをとる方法は皮膚科しかないって思っていませんか? 

 

黒ずみが重症な場合には、美容皮膚科を選択するほうが良いです。

 

重症な黒ずみでも対応している治療方法があるので、無駄なく治療が出来るからです。
塗り薬の使用も良いのですが、重症な場合には時間と値段を考えると差が無いようです。

 

美容皮膚科だから出来る治療内容としては、、、

 

  • レーザー:色素沈着の場合
  • ケミカルピーリング:皮脂や角質の蓄積の場合

と言う方法があります。
黒ずみの原因に応じて、いずれかの方法を選択することになります。

皮膚科を選択する際のデメリットや注意点

脇の黒ずみをとる方法は皮膚科しかないって思っていませんか? 

 

皮膚科の治療はどちらとも、効果は期待出来る方法です。
ですが、全ての人に最適な選択肢であるとは限りません。
良い方法ですが、それなりのデメリットがあるからです。

 

治療費が高い

 

まず最初が治療費の問題です。

 

皮膚科、それも美容皮膚科でも黒ずみは数回は通院する必要があります。
即効性はそれなりにありますが、1回では完了しません。
また塗り薬も通院して、経過観察で進めていきます。
強い薬なので、副作用等もあるからです。
また、塗り薬も保険適用はされないので自費診療です。

 

  • 塗り薬:それぞれ2,000円前後
  • レーザー照射:1回10,000円前後
  • ケミカルピーリング:5,000円前後

が相場で、これに初診料なども加わります。
1回がこの値段なので、通うごとに掛かるという感じです。

 

塗り薬の処方でも、万は超えると見て良いと思います。

 

妊婦は利用できない

 

妊娠中の女性は、どの方法も不向きです。
塗り薬も薬ですから、妊娠中は利用するべきではありません。

 

そもそも、妊娠期間中は黒ずみができやすいです。
なので、お手入れしても再発する恐れが有ります。

 

産後になって、黒ずみを治療を始めるほうが良いです。

 

治療後のスキンケアが大変

 

塗り薬含めて全ての治療後のお肌は、ダメージを受けやすい状態です。

 

なので、日焼け止めは必須となります。
室内、室外関係なく行なう事が必須とされています。

 

治療完了後は予防も必須

 

黒ずみの治療が完了後は、再発防止が必要です。

 

高い治療費を払って治しても、原因に該当すればまだ黒ずみは出来ます。
ですから、再発防止のために黒ずみ防止のスキンケアが必要です。
黒ずみには保湿と美白、そして炎症対策が重要です。

自宅で脇の黒ずみをとるという選択肢もあり

脇の黒ずみをとる方法は皮膚科しかないって思っていませんか? 

 

皮膚科での黒ずみの治療は有効です。
ですが、費用や日焼け対策などのデメリットもあります。

 

重症なケース以外は、自宅で黒ずみのお手入れをするという選択肢もあります。
自宅であっても、正しい方法ならばお手入れは可能ですし、費用も抑えられます。
再発防止でも重要なので、皮膚科の治療後としてもおすすめです。

 

市販品を使う場合には

 

市販品ですが、脇の黒ずみ専用の物を使うのが良いです。
種類は多くはありませんが、お店に行けば幾つか販売されています。

 

選ぶポイントとしては、美白成分が有効成分なのかどうかがポイントです。
ビタミンC誘導体や、プラセンタエキスなどの有効成分を配合しているかを見てください。

 

市販品を使ったお手入れ方法では、専用品以外を使う方法もあります。
ですが、専用品以外は黒ずみを悪化させる可能性があります。
それに結局保湿なども別途必要なので、手間も掛かります。

 

可能な限り早く黒ずみを薄くしたいなら通販品

 

もし可能な限り早く良い結果を得たいなら、通販品を選択するほうが良いです。
市販品と比べると、黒ずみに良い成分が多く使われており結果を早く得られやすいからです。

 

市販品は値段で分かるように、安価な成分で作られています。
販売価格には人件費、広告費も含まれており、商品本来の値段は凄く安いです。
なので、専用品でも最低限の成分(種類、量)で作られています。

 

通販品はそういうのが少ないので、良い成分を多く使えるのです。
実際、黒ずみの場合も結構な違いがあるんです。

 

黒ずみ用の通販クリームについて

 

 

 

脇の黒ずみ用の通販品なら、アットベリーがおすすめです。
口コミサイト、アットコスメでも黒ずみ用の通販クリームでは最上位の評価を得ています。

 

このアットベリーですが、市販よりも優れた部分が幾つもあります。
順にご紹介していきますね。

 

黒ずみに良い成分が多く配合されている

 

黒ずみのお手入れには、保湿と美白、抵炎症成分が必要です。
アットベリーにはこの三つの成分が全て含まれています。
この成分の種類の多さでも、市販品との違いがあるのです。

 

アットベリーの場合、保湿成分は6種類、美白成分は5種類配合しています。
医薬部外品なので、美白成分はプラセンタエキスとグリチルリチン酸の2種類の有効成分が配合されています。
有効成分とは、国が審査を行なって一定の効果を認めたものです。

 

簡単に使えて、脇全体のお手入れが出来る

 

皮膚科も数回通うほど、黒ずみはお手入れに時間を要します。
ですから、使い方というのも重要な点です。

 

アットベリーは1日2回、朝と晩に気になる箇所に塗るだけです。
オールインワンなので、1回のお手入れで全て完了します。
ベタベタしませんから、塗った後の不快感も問題ありません。

 

消臭殺菌が期待出来る桑エキスなども使われており、同時に脇の臭い対策が出来ます。
黒ずみはもちろんですが、脇全体のお手入れが出来るので便利ですよ。

 

皮膚科医もおすすめで、保証付き

 

 

脇の黒ずみのお手入れに必要な要素を全て満たせており、専門家もおすすめしています。
アットベリーは医師が監修、投稿するサイトで紹介された実績があります。
また、脱毛サロンのミュゼでも採用されているクリームなんです。

 

とは言え、自分に合うかは分からないですよね。
そんな方のために、公式通販からの購入者には返金保証も付いています。
お肌に合わないだけじゃなく、結果に満足できなくても保証が使えます。

 

黒ずみにお悩みでしたら是非一度使ってみてください。

 

アットベリーの公式通販はこちら!

 

最後に

皮膚科での黒ずみ治療は有効ですが、人によってはベストとは言えません。

 

高い効果が期待出来る反面、治療費も高額で施術後のケアも不可欠です。
それに、治療完了後には再発防止の為のお手入れも必要です。

 

重症以外なら、自宅でも脇の黒ずみのお手入れは可能です。
市販品でも良いですし、早く結果を得たいなら通販品がおすすめです。

 

アットベリーなら、黒ずみだけじゃなく脇全体のお手入れも出来ます。
万一の場合に安心な返金保証も付いています。
黒ずみのお手入れ、予防をしたい方にはおすすめです。

 

当サイトでは実際にアットベリーを使った体験談等も掲載しています。
もし詳細に興味があれば、そちらもご覧下さい。

 

薬用アットベリージェルは薬局で買える?【お得な購入方法】