なぜお肌にブツブツが出来てしまうの?

なぜお肌にブツブツが出来てしまうのでしょうか?

 

原因は幾つかありますが、お肌の代謝が悪くなっているのが主な原因だと言われています。
ターンオーバーがきちんと出来ないので、古い角質が毛穴に溜まってしまうんです。

 

毛穴に角質が溜まれば、当然お肌の表面に盛り上がってきます。
これによってブツブツが出来てしまうという仕組みです。

 

毛穴が詰まっていますので汚れも溜まりやすくなるため、炎症も起こりやすくなります。
ですので人によってはブツブツが赤みを帯びている事もあります。

 

乾燥にも気をつけないといけないので、適切な方法でケアをすることが大事になります。

 

適切なケアとは、まず毛穴に溜まった古い角質を取り除くことが第一歩です。

 

しかしだからといって無理に角質を押し出したり、ゴシゴシ洗うという行為はNGです。
物理的な刺激は逆にお肌が防御反応を示すことがあり、逆に角質が厚くなる可能性があるからです。
また色素沈着を促してしまい、今後は黒ずみが発生する場合もあります。

 

溜まった角質を軟化させてから取り除き、保湿などのケアを行うのが大事です。
乾燥するとブツブツが発生しやすくなったり、悪化させる原因になるので保湿も大切なんですね。