妊娠中の脇の黒ずみの原因とケア方法は?

妊娠中というのはホルモンバランスが乱れやすくなるので、肌荒れに悩む女性が増えます。

 

私の妹も妊娠中はかなり吹き出物が出来て悩んでいました。
栄養に気を配ったりと色々とストレスも抱えるのも、拍車を掛けるそうです。

 

妊娠中の脇の黒ずみもその症状の一つです。
人によって個人差はありますが、脇の黒ずみが目立つようになってきたりします。

 

最初に断っておくと、この脇の黒ずみが増える事は決しておかしいことではありません。
妊娠中の女性であれば、当然起こり得る症状だからです。

 

冒頭にも書きましたが、脇の黒ずみが増える原因はホルモンバランスの乱れが原因というのが通説です。

 

妊娠中はホルモンの分泌が活発化するのですが、その際に色素を作る細胞を刺激するそうです。
これによって黒ずみが発生するという仕組みです。

 

脇というのは元来黒ずみが出来やすい部分になるので、妊娠中に脇の黒ずみで悩む女性が増えるわけです。
この外にも乳首などデリケートゾーンも黒ずむ事があります。

 

脇の黒ずみが増える原因とは?

 

妊娠中の場合は、産後に授乳が終われば徐々に黒ずみは薄くなると言われています。
ですので、そこまで過剰にケアをする必要は無いと言えます。

 

気になる場合であれば、やはり黒ずみ専用のクリームなどを使うほうが良いです。

 

先日重曹を使った黒ずみの取り方があまり適していない事を紹介しました。
妊娠中は特に重曹だけは使わないようにしたほうが良いと思います。
詳しくは→脇の黒ずみに重曹を使うのは控えた方が良い?

 

黒ずみ専用のクリームとして、口コミで人気なのが薬用アットベリージェルです。
アットコスメなどでも妊娠中の黒ずみに使用した方が投稿していますよ。

 

何より薬用アットベリージェルには60日の長期返金保証が付いています。
実際に脇の黒ずみに使ってみて、お肌との相性などを確かめる事ができます。

 

妊娠中の脇の黒ずみのケアをしたい方は、是非この機会にアットベリージェルを試してみてください。

 

薬用アットベリージェルの詳細と最安値で購入する方法はこちら