黒ずみやぶつぶつの予防には体の内部からのケアも!

ワキを中心としたデリケートゾーンの黒ずみや、
二の腕に出来やすいぶつぶつへのケアは外側からほとんどですよね。

 

薬用アットベリージェルも、気になる箇所に塗りこむという外側からのケアです。

 

それが悪いわけではないですしむしろ大事なことですが、
体の内部からもお肌のお手入れは出来ます。

 

理想的なのは、体内外合わせてのケアです。

 

例えば米ぬか。

 

米ぬかにはフェルラ酸と呼ばれる成分が含まれています。

 

これには抗酸化作用があるといわれており、
老化させる原因である活性酸素を除去する働きがあるそうです。

 

シミの原因にもなるメラニン色素の精製を抑える働きもあるおいうことなので、
発芽玄米などを食べるのもありです。

 

最近では化粧品業界においても、フェルラ酸を活用しているようです。

 

取れる時間も違うので、出来ることをやる。

 

スキンケアにはやれることは沢山あるわけです。
今はあれもいい、これもいいとかなり沢山出てきてしますしね。
まとめ系のサイトでも色々と特集されています。

 

ですので、出来る範囲でやるようにしましょう。

 

ブツブツも大きくいえばターンオーバーの乱れです。

 

保湿をしないとターンオーバーが乱れたままですし、
溜まった角質も除去しにくいと言われています。

 

夏は大丈夫だと思って保湿を怠るのはNGですよ。
1年通して保湿もしっかりやりましょう。